もう限界!リボ払いがこんなに怖いなんて知らなかった|38歳男性の体験談

リボ払いを使い続けるとある日突然、後戻り出来ないほど大きくなったことに気づきます。

この記事では、

  • 38歳男性のリボ払いの体験談
  • 絶対に見てほしい動画

を紹介します。

リボ払いはとても恐ろしい借金だと理解してもらえれば幸いです。

リボ払いを続けた38歳男性の末路

38歳 男性

私は、給料の全てを妻に渡しています。お小遣いは月に2万円ほどです。

毎月足りない現状がありました。飲み会に2回くらい行けば、すぐに無くなってしまいます。

また趣味の音楽にまわすお金も全然足りません。それでクレジットカードの利用を始めました。

それまでクレジットカードは利用していなかったんですが、ネットの楽天でクレジットカードを利用すると、ポイントが貯まり、ショッピングに使えるというので登録してみました。

楽天のポイントは、カードで支払うと2倍になります。お小遣いの少ない私としては嬉しいサービスでした。

 

その後に、リボ払いにするともっとポイントがもらえると知り、リボ払いも始めました。

返済も利子と、月々1万円で返済できるので、私の小遣いでやり取りできたので嬉しかったです。

このリボ払いだと、小遣いの少ない私でも大きな買い物ができるので、便利に利用していました。

リボ払いが限度額に。返済が困難だと知って後悔することに

そうやって利用していたいんですが、リボ払いの恐ろしさに60万円くらい使って気づきました。

いつの間にか、リボ払いの限度額を超えようとしていたのです

また月々1万円+利子で支払うと、返済に何年もかかってしまう事にようやく気づきました。

計算すると利子も膨大な金額に。限度額なので、この生活を続けることもできなくなりました。

 

やっと返済を考えだし、妻に内緒で副業も初めました。この副業により、月々3万円くらいは確保できるようになり、月々4万円+利子で返済できるようになりました。

それでも2年くらいは返済にかかりそうです。

 

確かにリボ払いは便利なんですが、利子がもの凄く高いので、もう利用したくないですね。オススメできる理由は何もないです。

買い物するなら、月々返済額が決まっているローンにしたほうがいいですね。
取り返しが付かなくなる前にリボ払いは止めましょう。

 

リボ払いが怖いと実感する動画の紹介:アメリカ人から学ぶ

紹介する動画は「NHKスペシャル 個人破綻 アメリカ経済がおかしい」です。

アメリカのクレジットカードで、最低限の支払いをすれば、支払いを翌月に先送りすることができる、「ミニマムペイメント」というシステムを限界ギリギリまで使う人たちを追ったドキュメンタリーです。

ミニマムペイメントは、リボルビング払いと同じ仕組みです。

2007年ごろのドキュメンタリー番組ですが、また地上波で再放送をお願いしたいくらいです。

アメリカの金利が24%と、日本の14%よりエゲツナイことに驚くと思います。

日本でリボルビング払いを利用している人が、この動画を見ても「ありえない」と驚くはずです。

しかし、ここで理解してほしいことは、日本でも「リボ払いを利用していない人は、利用している人を同じような目で見ている」と思って間違いありません。

リボ払いを利用している人も、していない人も、必見の良い動画だと思います。

 

nico_ribo

 

自由を手に入れたいと、クレジットカードを使う人。生活のために、ほんの少しだけと思って利用した人の末路を追っています。

動画では、借金が返済不能になると、自己破産になって家を取られるケースがほとんどです。

しかし、日本では任意整理か個人再生がほとんどです。任意整理や個人再生は、借金だけを整理してもらえます。家や車などの資産は取られません。

動画のように督促が来ていたり、毎月の返済がとても苦しいという方は弁護士の相談を早急にしてください。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました