リボ払いをしている人は、またリボ払いを選択する傾向アリ!

リボ払いする人は、1回だけじゃなくて何回もやる

確証はなくても多分そうだろうと思ってました。アンケート結果からこれは事実だということを再確認できました。今回は生活苦で仕方なくリボ払いを選択という人ではなく、純粋に高額商品の支払い方法にリボ払いを選択している人の報告をしたいと思います。

全体の25%がリボ払いを選択!その内40%が再度リボ払いを選択

という結果がでました。購入金額も5万円から20万円のものを数回とか、合計すると結構な金額です。仕方なくリボ払いではなく、自ら進んでリボ払いを選択しているようです。

しかも、悲しいことに

男性のリボ率が高い。比率は女性の倍の人数

結婚している人はお小遣いが少ないのでしょうか。リボ率が女性より圧倒的に多いので大丈夫か世の中の男性諸君。「買い物は世界を救う」と嵐の二宮君が言っていました。でもリボ払いを想定していなかったと思います。

リボ払いを選択する人は何のためらいもなく高額商品を買っているようです

ある男性の購入した商品を見ると良くわかります。

  • 結婚式用のスーツ
  • ルイ13世(ブランデー)
  • カルティエ3連リング
  • NIKEゴルフクラブ

これら20万円以上のものを、全てリボ払いで買っています。どうでしょうか?多分上限100万円だとするとそろそろ買えなくなるはずです。

すごいですね。毎月の返済が一定だというのは怖いことです。
アンケート結果を見たときに「この人は今きちんと生活できているのだろうか?」とちょっと心配になります。

リボ払いで破綻しないために

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

リボ払いを選択するということは、実際には支払える現金は持っていないけど買い物(借金)をするということです。なのでリボ払いをする前にもう一度確認してみてください。

1.その商品は絶対に今買わなくてはいけないものか?

先ほどの男性の例でいうと、「20万円するものじゃないといけなかったのか?」「買う前に一度思いとどまったら買うことをやめたのでは?」と思うのです。それでも買ってしまうのがリボ癖のついた人なんですが、そうならないように自分に問いかけてみてください。

2.2分割や3分割で買うことができないのか?

これも必須です。2分割なら金利はかかりません。わずかな金利はかかりますが3分割にしたら何とか払えそうなら3分割を選んだほうが後々楽になります。リボと分割の大きな違いは、

  • 分割の場合 ー 一つ一つの商品に対して分割設定するので、支払っているという実感と支払い終わったという達成感がある。
  • リボの場合 - 商品ごとに設定しないので、買ったものに対しての支払い意識が薄れる。支払いが長期間になるので払っている感覚も曖昧になる。

リボ払いはそれだけ自己管理能力が問われる支払い方法ということです。

3.その商品を買うときにリボ払いの返済がいつ終わるか理解しているか?

どうしてもリボ払いにしなくてはいけない場合、「リボ払いの返済がいつ終わる」かどうかを知っておく必要があります。もし1年以上かかるのであれば、「今買わないと死ぬ!」というもの以外は買うことをやめることです。

4.今リボ払いをしている商品がいくらあるか把握すること

3と関係しますが、今自分が支払っている金額の残金がいくらあって、あと何ヶ月支払いがあるかを正確に把握することがリボ払いを増やさない為に必要な行為です。

5.もしどうしても買わなくてはいけない場合は、1年以内に支払いが終わるように設定すること。

リボ払いは毎月の支払い設定を自由に変えることができます。 少しでも増額してリボ払いを1年以内に終わらせるようにします。増額した分金利の支払いが少なくて済みます。

出来れば、元金をキリのいい金額に設定してプラス金利を支払うタイプがいいと思います。たとえば月5000円ずつ返済の設定になっている場合5000円を元金全てに充当して、金利をさらに付加する支払い方法です。おそらく普通のリボ払いは毎月の返済額が固定でそこから金利を差し引く設定になっていると思います。これを変更するだけでも支払う感覚が違ってくると思います。

今回のアンケート実施でリボ払いが多い結果をちょっと危惧しています

カードは使い方さえ間違わなければ最高にお得なツールです。リボ払いも便利な機能の一つですがリボ払いは間違いなくお得ではない」のでなるべく使わないほうが得策といえるでしょう。

関連記事

【リボ払いの返済が辛い!】すぐにでもリボ払いの金利と借金の支払いを減らす方法とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする