【イザというときに役に立つ】クレジットカードの利用限度額の仕組みと限度額(枠)を増やす方法

このクレジットカードは利用できません。カード会社にお問い合わせください。

こんなメッセージを受け取って慌てたことはありませんか?

私は過去に経験があります。オンラインショッピングなどで表示されるこのメッセージは利用限度額いっぱいまでクレジットカードを使ったことを意味します。

利用限度額の仕組みを理解していれば、私のように慌てることはありませんので是非覚えてください。

また、限度額を超えても買い物を続けられる裏技も紹介します。

 クレジットカードの利用限度額の仕組み

クレジットカードの限度額(与信枠)はその人の収入状況によって違います。

最初の設定は25万円~40万円が多いようです。私が社会人になりたての頃に作ったカードの限度額は25万円でした。

25万円の限度額の場合、毎月25万円の買い物ができるかというと違います。

締め日と支払日までの間は、利用限度額からショッピングで購入した金額を差し引いた額が限度額になります。

たとえば月末締めで翌月15日引き落とし限度額25万円の場合、1か月のクレジットカード利用金額が15万円だったとします。締め日(月末)に15万円の支払いが確定します。

翌月の1日から15日までは25万円ー15万円 = 10万円 がクレジットカードで購入できる金額になります。

1日から15日まで何も購入せず、支払日に15万円を支払うと利用限度額はまた25万円になります。

もし1か月で限度額いっぱいの25万円分使ったら、翌月1日から15日までは利用できる金額は0円になります。

この状態で1日~15日にクレジットカードを使うと冒頭の利用できませんというメッセージが出てきます。

普通の人は何もしなくても勝手に限度額が引き上げられます

収入に応じていろんな買い物をするので、サラリーマンの方は普通に利用していれば年々利用金額も増えて勝手に限度額が上がっていきます。

月の利用額が数万円程度で1年以上使い続けるとカード会社から勝手に限度額が引き上げられましたと葉書が届きます。

今UFJニコスとJACCSカードを使っていますが両方とも限度額は最初30万円でしたが2年経過した今は限度額は100万円になっています。

何も利用しないと限度額は増えません。

利用実績があるとクレジット会社もその利用実態を見て信用を与えてきます。限度額の設定はクレジットカードを作る際に聞かれた収入できまります。

最初は作ったときの収入に対して利用限度額を設定します。だから何年も利用していないカードの利用限度額は作ったときのままとなります。

どうしてもクレジットカードの利用限度額を超える買い物がしたい場合の裏技

クレジットカードを利用していると毎月のお買い物以外でも出費が重なって、どうしても利用額限度額を超えてしまう場合があります。

利用実績が半年以上あればその月だけ一時的に利用限度額を引き上げることが出来ます。

方法は至って簡単です。

明細に記載されているカード発行会社に電話するだけです。

例えば「今月限度額を20万円引き上げてもらえないでしょうか」と。

金額が大きいと、支払いが大丈夫かクレジット会社も心配になるので事情を聞いてきますが毎月の利用額と同額かその2倍くらいまでの金額なら簡単にOKしてくれます。

もしダメなら「いくらまでならOK」という金額も提示してくれるはずです。

これを知っておけば、キャッシングに走る必要もなく無駄に金利を支払う必要もありません。

枠を広げる期間も大切

もちろん一時的な引き上げなので翌月からの限度額は元通りですが、コツとしては1か月以上は枠を広げてもらうほうがいいです。

20万円増枠で1か月間以上という具合です。2か月あれば問題ありません。

理由は、増枠するとその分の支払いが翌月にあるので限度額がまた圧迫されてしまうからです。

元の利用に戻るまで2か月はかかることから期間は1か月以上が適切です。

頻繁に限度額を超えそうになるようであればカード会社に引き上げの要請を行えば利用実績をみて簡単に応じてくれます。

結果は当日わかります

増枠の審査は一時的であれば電話をしながら決定してくれます。利用枠を増やしてそのまま使う場合は、審査があります。

審査の回答は1~3営業日ですが当日回答をお願いすると急いで審査してくれます。

引き上げてもらえない人もいます

支払いの遅延が頻繁にある人です。支払いは大切です。返済できる範囲で無理の無い利用が一番です。

リボ払いを利用している人は注意してください

関連記事:リボ払いで膨らんだ借金。こんなに怖いなんて知らなかった|38歳男性の体験談