ジャパンネット銀行がナンバーズを2014年1月から開始

ネットでナンバーズが買える日が遂にきてしまった

今までは販売店と一部の大手銀行のATMで扱っていたナンバーズですが、遂にネットバンクで買えてしまう日が来ました。

これまで、販売店窓口と一部大手銀行のATMが販売窓口となっていましたがネット銀行の参入でますますナンバーズの裾野が広がることは確実です。

ジャパンネット銀行はこれまでにもサッカーくじを取り扱っている実績があり安心して利用できます。

ネットでナンバーズのメリット

  1. 窓口まで行かなくていい
  2. 受け取りは口座に振り込まれるのでいちいち換金する手間がない
  3. いまだっ!と思った瞬間に買える

窓口に行って買う行為は実は私はあまり好きではありません。販売するおばちゃんの「どうか当たりますように」というこちらが望んでいない掛け声を聞かされると次回買う意欲を著しく減退させます。ネットで買うなら機械なので当然そんな声は聞かなくてすみます。

2の換金の手間がかからないのは、大手銀行(みずほ、三菱東京UFJ)などではすでにATMで実施されていました。確かに便利なのですがATMって以外に混雑していて行くのが気が引けます。

3は個人的なものですが「この数字で当てるぞ!!」って気合が入った状態で買いたいと思うのですが、今までは窓口でその気合も減退しなぜか楽しくなくなってしまいます。それが気合そのままで買えるのは非常に大きいです。くじは当たらないことがほとんどなのですが、せめて期待感だけは維持したいと思うので実は3が一番のメリットかもしれません。

ネットでナンバーズのデメリット

いつでも買えるし手軽に買えるので買いすぎてしまう

ギャンブル依存症の方には恐ろしいサービスかもしれません。気軽に買えるデメリットはこれしかありません。

管理画面は中々のできばえのようです

本当にナンバーズを購入する雰囲気を味わえそうな演出が見られます。

jnb_num

ATMだと質素な画面で数字を選ぶだけですが、これを見る限り購入する人の心をよくわかっている気がします。

抽選で30名様にKindle Fire HDXをプレゼント(口座を持っていない方もOK)

2013年12月6日(金曜日)~2014年1月6日(月曜日)7時59分 の期間中にキャンペーンにエントリーし、クイズに正解した人の中から、抽選で30名様にKindle Fire HDXがもらえます。

参考:2014年1月より宝くじのインターネット販売を開始~販売に先立ち、クイズに答えてKindle Fire HDXが当たるキャンペーンを本日スタート~