楽天銀行カードをはじめて使う人は間違ってキャッシングしないように気をつけて

 クレジットカードは数枚持っていますが、最近よく使うのが楽天銀行カードです。

もともと楽天で買い物することが多かったので、支払いに便利かなと思って作りました。

私が入った時はキャンペーンだったのか、新規ではいってエントリー後にカード利用すると8000ポイントが付いたんです。それが魅力的でついつい作っちゃいましたね。

だって、楽天の8000ポイントは大きいですよ。

楽天市場の買い物で、まるっと8000円分あるのと同じことですからね。

ほかにネット系のクレジットカードを使ったことがないので比較できませんが、楽天カードはポイントでの還元がいいと思いますよ。

ネット系のクレジットカードならではのサービスだなと思うのは、利用お知らせメールが来ることです。私はペーパーレスにしたくて利用明細書がでないようにしてあるんです。

利用履歴が知りたかったら、そのたびにネットからチェックすればいいと思って。

実際には自分でチェックする必要はありませんね。

お知らせメールがくるので、それを1か月分まとめておいて見れば明細と同じ内容になります。

つかったらすぐにお知らせメールが来るので、あとから「なんだったっけ」と思うこともありません。ネット系ならではのとってもスピーディなサービスですね。

ただ、使う際には要注意なことがあります。

私が持っている楽天銀行カードには、クレジット機能がついています。

同時にキャッシュカードでもあります。

問題なのは、クレジット機能にショッピング枠だけでなくてキャッシング枠もあるということです。ややこしいですね。

つまりキャッシュカードで引き出せるのは、自分の楽天銀行口座に入れてあるお金です。

クレジット機能のキャッシング枠とは、クレジットからお金を借りるということなんです。

当然キャッシング枠のほうが利息が発生する借金です。

こまるのはカードがクレジットもキャッシュカードも兼用で、1枚きりだということです。

クレジット機能とキャッシュカードはカードを差し込む向きによってかわってきます。

一度間違えてしまったことがあるんです。

口座からお金を引き出そうとして、間違えてキャッシングしてしまいました。

でも、すぐには気がつかないんですよ。出てきた明細を見て、アレっと思って、よくよく見たらキャッシングをしている。真っ青になりましたね。

だってすぐに返済しても利息がつくじゃないですか。どう返済していいのか分からなくてあわてて楽天銀行に電話をしましたよ。

これを防ぐには、最初からキャッシング枠を0円に設定しておくことです

カード申し込み時にそうしておけばよかったのに、やらなかったんですね。

これは後からでもできますから、私のようにキャッシュカードとして使いたい人は設定し直したほうがいいです。

0円に設定してあると、ATMで間違った方向にカードを差し込んでも「このカードは使えません」といって戻されてきます

そうしたらキャッシュカードとは反対側を入れたってことですよ。