クレジットカードのキャッシングサービスが海外でのピンチを救った

クレジットカードのキャッシングサービスは海外でも使える

これは驚きでした。珍しい体験の投稿を掲載します。

–投稿:m.nさん

クレジットカードに対する考え方をおもうと、時代は変わったなあと思います。私たちの親世代だと、クレジットカードなんてつまりは借金だ、なるべく使わないほうがいいという考えが主流だった気がします。それがいまや、クレジットカードを日常生活に活用していない人は、ほとんどいません。逆になるべく高額な買い物はクレジットカードで支払うほうがお得だったりします。あとからリボ払いにしたり、ポイントがたまったりしますからね。
そんなクレジットカードですが、海外に行くともっと便利に使えますね。とくに北米に仕事や観光で行く場合は、クレジットカードがないと支払いに困ります。アメリカはクレジット大国だと聞いていましたが、少額でもほんとうにみんなカード払いにするんです。現地のスーパーなどで20ドル以上の支払いをキャッシュですると、お釣りの現金がレジに入っている分では足りなくて困ったことがありましたよ。北米では、どんな所でもクレジットカードを出す人のほうが多いですね。
私も仕事でアメリカに行きキャッシュを持っていたら、現地スタッフに安全のためにもあまりキャッシュはもたないほうがいいとアドバイスされました。100ドル札なんて持っているのは観光客だけだよなんていうんですよ。たしかにそうかもしれません。

中国でキャッシングに救われた

数回のアメリカ出張の後から、海外に出るときは必ずクレジットカードを持ち歩くようにしました。いちど、それで助かったことがあります。アメリカではなくて、中国に行った時です。お客さんも交えて、みんなで食事に行きました。中国人はお酒に強い人が多いと言われますが、ものすごいアルコール濃度のお酒でも平気で飲んでいくんです。当然、日本人なんて途中でついていけなくなります。そのときはあいにく、私の上司が飲み過ぎてダウン。食事会の途中から、真っ青な顔で退席してしまいました。
ところが、こまったのは支払いです。食事会の終わり間際に、会計をしてもらうと現地事務所から出してもらったお金では幾らか足りないんです。そのレストランではクレジットカードが使えず、どうしようかと思いました。そこでふと、自分のカードで現地通貨をキャッシュで出せる機能があるのを思い出しました。これだ、とあわてて現地スタッフとちかくのATMへ走り、不足分をキャッシュで出しました。
あとから、上司にお礼を言われました。あそこで支払えなかったら面子が台無しになるところだったとのことでした。中国では、面子がとても大事ですからね。それにしてもカード払いがきかない場所でも、海外キャッシングサービスが使えるATMがけっこうあるもんなんですね。海外でクレジットカードを使うときには、覚えておくといいです。

–投稿ここまで

ほとんどのクレジットカードのブランドが扱っていました

Visa、Masterが使えるカードは全部キャッシングが使えるような感じです。海外旅行に行かれる方は一度ご自分のカードが対応しているか確認したほうがいいです。

この投稿は大変役に立ちました。