複数のクレジットカードを使いこなす達人から学ぶ

複数枚を所有して使いこなすY.Mさん

普通の人はクレジット枚数が増えると管理が煩雑になり、使い方を間違えるとローン地獄に陥る可能性もでてきます。

使い方のルール設定や自制心がどうやってコントロールされているかを見てみましょう。

–Y.Mさんの投稿

クレジットカードは、銀行等のキャッシュカードも兼用になっているものも含めると10枚ほど持っています。

しかし、実際使っているのはその内の4枚のみです。

ポイント還元率がよく、海外傷害保険も付いている年会費有料のものをまずメインに使っています。

普段の買い物から公共料金等すべてクレジットカードで払えるものは、この1枚にできるだけ集中させています。

そうすると、まず年会費分はすぐ商品券等で、実質元が取れます。

また、クレジットカードの会社のポイントサイトを経由するとポイントが倍付いたりすることもあるのでこれも利用しています。

就職してからずっと使っているカードなので、毎年利用限度額が上がっているので、大きな買い物をするときでも現金を下ろしたりしなくていいのでこの点も利用価値大です。

気をつけているのは、クレジットカードの引き落としの口座と、普段のおこずかい口座を別にすることです。

そして、使った分の金額は、定期的にきちんと引き落とし口座に移しています。

そうしないと、つい預金残額を見て、まだお金に余裕があると思い、クレジットカードで資産以上使いすぎてしまうことも防げます。

クレジットカードは魔法のカードではありませんから、きちんとお金の管理ができない人には向いてません。

また、支払いは必ず一括払いにしています。

そうしないと、手数料が取られてしまい、まったくお得なところはなくなってしまうからです。

サブのカードについては3枚年会費無料のものを使っています。

これは、ポイントを貯めると言う点ではなく、特定の日に該当のカードで特定の店を利用すると、5%オフや10%オフという特典があるためです。

海外旅行に行く際は、現金は必要最低限にして、使えるところはすべてカードで支払いをしています。

そのほうが安全ですし、為替レートも日本で外貨両替するよりもお得なのでメリットばかりです。

今はかならず利用時には4桁の暗証番号を入力するシステムになっています。

そのため、普段国内ではあまりカードを使っていない人は旅行前にはこの番号を確認しておきましょう。

また、万が一メインのカードがクレジット会社関連の不手際等で使えない時もありえますから、サブのカードも持っていると安心できます。

実際いままでに一度、メインのカードで支払いをしようとしたら、これは使えないといわれて、サブのカードがあって助かった経験があります。

ちなみにクレジットカードが不正利用されてカードの再発行で番号を変えられたことが2度ほどあります。

どのクレジットカードの会社も、24時間体勢で本人ではなさそうな利用をモニターしてくれているので、安心して使えます。

怪しいな、という利用があると、本人確認ができるまでは、クレジットの利用をストップしてくれます。

本人でないとわかると、該当カードは無効にして、新しい番号のカードを再発行してくれます。

–投稿ここまで

この方はすごいですね。

お金の管理がきちんとできている人の上級テクニックですね。

  • ポイント還元重視で年会費がかかっても大きく還元されるカードをメインに使う。
  • 特定の割引がある年会費無料のカードを持つ
  • 支払いは一括にする
  • 引き落としだけの口座をきちんと用意しておく
  • 貯蓄をきちんとする

一部のテクニックを利用するだけでもクレジットカードをお得に使うことができると思います。

たとえば、特別な日に5%や10%の割引があったりするカードで皆がなじみのあるカードだと

イオンカード(WAON一体型) や 楽天カード があります。

これらは年会費がかからないので、それこそ割引のために使うにはもってこいのカードです。

初年度無料で2年目以降年会費がかかりますがポイント還元率の一番高いカードは

REXカードがあります。

こちらはポイント還元率1.75% なので年会費分はあっという間に超えてしまうほど還元されます。

こういったカードでうまく節約できるともいます。