金は天下の回り物ということを実感するとき – 投稿:クミクミさん

お金と言うのは常に人から人へ流れているものの代表だと思います。綺麗なお札や希少価値のある様な硬化が回ってくると、それだけでも何だか嬉しくなったりするものです。

先日も、おつりで貰った10円玉数枚がギザ十と言われるもので、私のお財布の中に随分長く留まっていました。

そういった嬉しい感情をもたらすものとは反対に、ガッカリしてしまうようなお札が手元に来ることも少なくなく、油のようなしみが広範囲についていたり、細かく折りたたんだ跡が残っていたり、中には何かのメモが残ったようなものがATMから受け取ることもあり、お金の価値が下がるわけでもないのに妙にテンションが下がってしまったりします。

一刻も早く使う努力をすることは言うまでもありませんが、使ったところで似たように汚れたお札が回ってくる可能性もあり、微妙なところです。

自分のものではないのだから、汚さないようにできないものかとも感じますが、自分の手元をすぐに離れるものだからこそ、汚れても気にもしないのかもしれません。

そうかと思えば、タレントの明石家さんまさんも誰かがサインをしたお札をめぐりめぐって受け取ったという話も聞いたことがあります。

そういうお札を見るとお金はいろんな人の手をめぐりめぐっているのだと実感します。

関係ないかも知れませんが、お金を使わないようにする方法として常に新札を手にするやり方があります。新品は中々使いたくなりませんので、お金は常に新札に変えておくというのも節約術としては有効なのかもしれません。

そこからお祝いのお金として有効活用もできるので、一石二鳥かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする