タバコの購入でTポイントはつくの?Tポイントでタバコは買えるの?

タバコ代って高いですよね。1日1箱でも月1万円以上します。

そんなタバコ代を何とかお得にできないものかと皆さん考えると思います。

手っ取り早くTポイントを思いつくはずですが
Tポイントだけではためることも買うこともできません。(ひどい・・)

でも何とかしたい!ってご要望にお応えするべく調べてまいりました!

タバコの購入ででTポイントが付くのはクレジットカード払いだけ

正確にいうと、クレジットカード払いは購入商品総額に対してポイントがつくので、タバコにつくという意味ではありません。

そして、電子マネーもTマネーでもタバコ代金はポイントが付きません。

もともとタバコは値引き販売が禁止されているのでポイントはつけることができません。

唯一つけることができるのは、購入総額に対してポイントが付くクレジットカードだけです。

中でもダイレクトにTポイントをつけてくれるクレジットカードとその還元率

ファミマTポイントカード 0.5%

Yahooジャパンカード 1%

の2種類で、還元率を考えるとYahooジャパンカードがお得です。

入会&利用でもれなく5,000円相当のTポイントプレゼント|Yahoo! JAPANカード

Tポイントを使ってタバコを買う方法

誰もがそう考えるはずです。溜まったTポイントを使うにはどうしたらいいのか?

Tポイントではタバコが買えないので、Tポイントをほかの電子マネーに交換する必要が出てきます。

一番使い勝手の良いポイント交換先はedyとSUICAカードです。

驚くべきことに、TポイントはTマネーに交換できない!ということです。

同じTポイントの運営元なのにホント不便ですよね。

便性が高いWAON一体型のクレジットカードも選択肢の一つ

イオン系のカードで還元率は0.5%ですが、waonへポイントチャージが簡単です。ファミリーマートはイオンのグループ会社になっているので、WAONカードも使えるしその場でチャージもできます。

結論としてTポイントをタバコ代に充てることはできるが・・

電子マネーでタバコを購入するときにポイントが付かないので、ポイントを循環させられません。

どういうことかTポイントを例に順を追って説明すると、

  1. クレジットカードでタバコ購入(Tポイントが付く)
  2. 溜まったTポイントを電子マネーに交換
  3. 電子マネーでタバコを買う(ポイントが付かない) ← ポイントをロスする

タバコはクレジットカードだけで購入して、ついたポイントは他の商品に使うしかなさそうです。

今後ますます値上げが予想されるタバコ

欧米諸国では一箱1000円以上になっていて、喫煙者に対する圧力がきつくなっています。

2020年のオリンピックまでに喫煙者に対して厳しい政策が続くのは容易に想像できます。その中でタバコの値上げも覚悟したほうがいいでしょう。

今1か月1万円で年間12万円のタバコ代を何もせずに支払うのと、少しでもポイントに変えるのでは、小さな積み重ねかもしれませんが後々大きく変わってきます。

まして値上げともなるとなおさらです。タバコ代は現金や電子マネーではなく、クレジットカードで購入するほうが一番お得になりますので是非試してみてください。

関連記事

知っておきたい「ファミマTカード」のクレジット活用術!Tポイントが驚くほど貯まる理由とは