【登録は簡単】マネパカードや証券会社に申し込むにはマイナンバーの提示が必要

マネパカードの登録には従来の本人確認書類に加えてマイナンバーの提示が必要です!

アナウンスを見たときに「え-っ!」って思いました。

株式やFXなどの新規口座開設にも同様にマイナンバーの提示が必要になりました。

理由は、海外のお金のやり取りをきちんと把握して国内の税金を正しく徴収するためだそうです

参考:内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律(国税庁HPより)

テレビでは、マイナンバーカードは個人情報が詰まっていてとか・・

1個手続きが増えて、なんか色々面倒そうな・・・

あまり提示に対して良いイメージはありませんでした。

マイナンバーの手続きは簡単

面倒が増えたと思うのは単なる思い込みでした。

よくよくマネパカードの申し込みページを見ると、全く面倒なことはありません。

むしろ簡単になっているくらいです。

 マイナンバーが必要な申し込み画面です。

マネパカードのマイナンバー登録画面

マイナンバーには、マイナンバーカードとマイナンバー通知カードの2種類が存在しています。

マイナンバー通知カード

昨年全国一斉に配布された封筒に入っていた紙のカード(書類)です。ここに番号と氏名などが記載されています。

マイナンバー通知カード見本

マイナンバーカード

通知カードに記載された登録方法を元に写真などを送信して、自治体から送られてくる免許証のようなカード。

マイナンバーカード

参考:マイナンバー制度とマイナンバーカード(総務省HP)

他にもマイナンバー記載されるものは住民票があります。

一番簡単なのはマイナンバーカード

カードの表を本人確認書類として、裏面をマイナンバー提出書類として扱えるので、カードの裏表両面の写真をスマホでそれぞれ撮影してアップロードするだけです。

次はマイナンバー通知カード

通知カードは本人確認書類がありません。表面の番号が記載されたものと免許証もしくは保険証をスマホでそれぞれ撮影してアップロードします。

カードを2つ準備するという手間だけですが、マイナンバーカードに比べると不便です。

最後は住民票

住民票にはマイナンバーを記載することができます。

役所で取得して6ヶ月以内のものを撮影して送信します。

住民票発行手数料、役所まで行く手間を考えると一番不便です。

 大抵の自治体は、マイナンバーを記載するかどうかチェックをつける欄がありますので、そこにチェックして発行してもらいます。

マイナンバーなど本人確認書類がそろったらスマホかデジカメで写真をとります

  • 全体が見えるようにすること
  • 文字がはっきり読み取れるようにする

ということが大切です。

マイナンバーカードでも通知カードでも作業時間はホンの2~3数分それほど手間はかかりません。

マネパカードなど無事に申し込みが終わったら、最後に注意点があります。

申し込みが完了したらスマホやパソコンに残っているマイナンバーの写真や画像は削除!

結構忘れる人は多いと思います。

「次も使うかもしれないから」といって残しておくと漏れたときが大変になります。

個人情報の写真は必要なときに撮って、必要がなくなったら削除

これを心がけてください。

マネパカードの申し込みはこちら|公式サイト


関連記事

「マネパカード」を使わないと為替手数料で損をする!海外旅行者が持つべきお得なプリペイドカード
海外旅行で両替手数料は安く抑えることができる 旅行の両替で一番もったいないと思うのが両替手数料です。 日本円から外貨に替えるとき ...