主婦と旦那の金銭感覚の違いにイライラします【hbさんの投稿から】

妊娠を機会に仕事をやめ専業主婦をしているhbさん

旦那の収入だけでは生活が非常に厳しく、それでもどうにかやりくりをして赤字にしないように必死です。給料から貯金にまわす余裕は一切ありません。

夫にはこずかいとして4万円渡しています。弁当は作っているし、たばこも吸わない。

だから小遣いの使い道はほとんど自由です。

私はとゆうと小遣いはなく、美容院にも行かず、化粧品や服も殆ど買わずに生活しています。

たまに友人へお祝いのプレゼントなど大きな買い物をする時は自分の独身時代の貯金から出しています。

生活費も削れるだけ削り、節約にいそしんでいます。

月々項目別に予算を決めその中でやりくりし、どうにか赤字にならずにすみそうだと安心している給料日前に、旦那はのうのうと、飲み会のお金が足りないから1万くれなどと言ってくることも多々あります。

毎月落胆しながらそれでも結局旦那にはこずかい以外で、毎月2万~3万渡しています。

何度注意しても毎月同じです。本人いわく、何に使っているかわからないとの事です。

日々お金の動きばかり気にしている私としては、その感覚が理解できません。

ーーー投稿内容ここまでーーー

お金への不満は不仲のきっかけになる

どうにか改善していきたいという気持ちだけはあるけど中々変えられないという投稿でした。

1ヶ月4万円~6万円のお小遣いは普通のサラリーマンからするとかなり多い金額。
簡単に改善できそうなものですが、hbさんが気弱な方なのかもしれません。

年齢はわかりませんがやりくりができているのは所得がある程度高いからだと思います。

そんな気弱な方が少しの勇気で節約できる方法があります。

まず、旦那の小遣いの枠を1ヶ月7万円と決めて取っておく(もちろん旦那には内緒です。ちょっと多い気もしますが)

そして

旦那の小遣いを1週間に1万円ずつ与えるようにします。

旦那の財布の中身は常に1万円以下になります。こうしておくことで旦那は勝手に節約します。

そしてもう少し勇気を出して

生活費が大変だから毎週1万円のところ8000円にして2000円だけ節約させて

とお願いする。1週間1万円にするタイミングで言わないといけません。

1週間1万円が慣れたころに減額をお願いすると、「また減らされる」と思われてしまうので関係が気まずくなります。

1ヶ月32000円にして欲しいとお願いすると拒絶すると思いますが1週間8000円ならそんなに目減りしないので言えるはずです。

金銭感覚に乏しい旦那様だったら承諾するはず。

4週間で8000円は節約できますが、どうせ給料日前にはせがんでくると思いますので1万8千円を苦しそうな顔をして与えてあげましょう。

実際の出費は1ヶ月5万円までに抑えられます。もっと言うなら、浮いた8000円でおいしい手料理を作ってあげてください。

家でおいしい食事を振舞ってあげると、外食に行く回数も減ります。

最初に決めた予算(7万円)の余りは貯金に回します。

浪費は生活習慣病といっても過言ではありません。 お金を預かる人が浪費する病人を上手くコントロールすることができれば幸せな生活ができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする