クレジットカードの支払日は生活を快適にするためには非常に重要です

若い人は特に注意!クレジットカード支払日の重要性

買い物をすると当然支払いがあります。現金ならその場で清算しますが、クレジットカードはあとで支払いになります。

支払日は、収入のある日のすぐあとが望ましいです。 何年もカードとお付き合いしていく中で、必ず急な出費や「今月はきついなぁ」なんてときもあります。

そんなとき支払日が収入のすぐ直前にあるとお金を工面しなくてはいけない事態が発生します。

最も望ましいのは給料日のすぐ後

a0002_006861給料日前になるとよほどお金を管理している人でないと一度は「今月は足りない!」というい日が出てきます。

そんな時にカードの支払いが重なると支払いが出来なくなるなんてことも発生します。

あなたの信用を守るために

支払いが遅延するとあなたの信用情報に傷がつきます。信用情報機関に一度でも事故情報などの情報が記載されるとあなたのカードの与信が減ったり、遅延がひどいとカードを停止させられることもあります。

とはいっても、一回でも遅れたらだめかというとそうではありません。

もしカードの請求代金の引き落としが出来なかったら、あわてずにカード会社に連絡してください。

そして引き落としが出来なかったことを告げると振込み用の口座番号を教えてくれたり、信用に傷がつかないようにどのように手続きをしたらよいかを教えてくれます。

うっかり支払い忘れならあわてず対応

私の場合、カードの引き落とし口座は別で管理していて口座に入金し忘れたときがありました。

そのときはサポートセンターに連絡し事情を説明すると振込口座を教えてくれて、さらにいつまでに支払えばよいかを教えてくれました。

大抵はこの段階で、いつまでに支払うかを伝えるとカード会社は事故扱いにならないように手配してくれます。

生活が苦しくなるクレジットカードは自分にあっていない

私の場合は入金忘れだったのですぐに支払いましたが、これが支払日が給料日直前だったために支払えなかったなんてことになると、繰り返し支払い遅延が発生する可能性が出てきます。

そうならないように、クレジットカードの支払日はいつがいいかを自分で決めて選ぶことをオススメします。

また、支払日で苦労することが多いなと思ったら、この際カード会社を変えるのもいいでしょう。

もちろん、そんなことを気にする必要のない収入や貯蓄がある方は問題ありませんが、学生や社会人の新人さんはこの点を注意するといいでしょう。