財布の中のお金についてどうでもいいことで悩む【投稿:a.gさん】

人それぞれ、財布の中に定常的に入れておく金額についてのルールを持っているものであろう。

私の場合、高校生のときは1500円から2500円の間だったのが、大学生になると5000円ぐらいに進化し、社会人になると15000円ぐらいになった。

金額だけではなく、どの硬貨、どの紙幣をどれだけ用意しておくかについてもルールを決めている人も居るかもしれない。

たとえば私の場合、10000円札や5000円札があっても、1000円札が1枚もない状態になってしまうことをできるだけ避けるようにしている。

何故なら、小額の買い物、特に1000円以下の買い物に10000円札や5000円札を出すのは気が引けるからだ。

店員に「一万円入りまーす。」などと言われてしまうと、非常に面倒なことをさせてしまったと申し訳ない気持ちで一杯になってしまう。

また、ソフトドリンクなどの自動販売機では、1000円は受け付けられるが5000円札や10000円札は受け付けられないものも多い。

だからと言って、ATMから引き出すときにすべて1000円札で引き出すのは財布がかさばるのでそれも避けたい。

となると、どのタイミングで10000円札を崩すかが非常に重要になってくる。私がよく10000円札を崩す場所は、駅の切符売り場でプリペイドカードを買うときや電子マネーにチャージするときだ。

駅の切符売り場は高額紙幣を受け付けてくれる自動販売機が最低でも1台はあることが多い。機械相手であるので、特に申し訳ない気持ちにならずに済むので助かっている。

コメント