専業主婦のお金に対する考え方【投稿k.mamaさん】

私は、どちらかと言うとケチな方です。

小さい頃から、お小遣いをもらうとコツコツ貯金していくほうでした。

母親に、「何に使おうと自由だけど、もっと自分のためにお金使えるようになりなさい。」と諭されたこともありました。

今は結婚して、専業主婦になり、子どもにも恵まれました。

私は、自分に収入がないし、そんなに贅沢は出来ないな~と思い、極力自分のほしい物は買い控えてきました。

そんな中、主人は、自分の趣味で何万円もするものを定期的に購入し、楽しんでいました。それは、自分のお小遣いから

少しずつ、貯めて買ったものです。家計に影響はない事なので、通常なら全く問題ないことです。

そのうち、家のローンを組み、家計を圧迫し始めました。

子どもも大きくなり、学校や習い事にお金がかかるようになりました。

しかし、主人は相変わらず、変わらぬ金額のお小遣いのなかから自分の趣味を楽しんでいます。

私は、自分は、ほしい品を我慢して、小遣いももらわず、節約して家計をやりくりしているのに、何で主人はこんなに買い物しているのだろう。

その趣味のお金を少しでも家計に入れてくれたら助かるのに、と次第に気持ちが卑屈になっていきました。

そのとき、母の言葉を思い出しました。

「自分のためにお金を使う」

私は、「家族のため」、と思って節約してきました。

しかし、自分に使えるお金を考えていなかったため、次第に「家族のせい」で、自分はお金を使えないと思うようになってしまっていたのでした。

節約も大事です。しかし、何かほしいものを買ったり、おいしいものを食べに外食したり、自分の人生を楽しいものにしていくために、「自己投資」としてお金を使うことも時には必要であると思いました。

それで、また明日から頑張ろう!という気持ちになれます。

これからは、節約も頑張りつつ、人生を豊かにしてくれる、「生きたお金」の使い方を心がけるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする