三井住友VISA一筋で10年以上。海外では本当に助かりました-クチコミ投稿

30歳 女性

私は大学を卒業し、就職したときに初めてクレジットカードを作ったのですがそれが三井住友VISAクラシックカードでした。

もともと現金主義で育ったおかげでカードに信頼がなかった私

メインバンクが三井住友銀行にあり実家から歩いて1分のところにあった銀行だったという理由からそこで薦められ、なんとなく作ったのですが以来10年以上お世話になっております。 他のカードは1枚も作ったことがありません。

私は現金払い至上主義、クレジットカードなんてよろしくない!

という信念を持つ両親のもとで育ちました。 両親はいまでも「カード」といえばポイントカードとキャッシュカードだけでクレジットカードは一つも持っていません。

そういう主義になったきっかけは、若いころの父の金遣いの荒さから母が絶対に作らせないようにしたからだったとか…。

私も少なからずその影響は受けていてクレジットカードは持っているが、使わない、という生活が作ってから6年くらい続きました。

6年たってカードの便利さを知ることになりました

そうこうしているうちに、会社で出張が多い部署に異動になりました。

その時まで、新幹線のチケットがクレジットカードで買えることを恥ずかしながら知らなかったぐらい無知だったのです。

会社の出張経費は立て替え払いですがそのたびにお金をおろしてチケットを買って、というのがわずらわしく初めてクレジットカードの恩恵にあずかりました。 さらに海外出張が続いたときは、カードが本当に便利でした。

私の出張先は主にニューヨークだったのですがアメリカは本当にカード社会でファストフード一つも、現金を出すことがないぐらいでした。 (現金ももちろん使えますが、私は自販機ぐらいでしかつかわなかったかも?) ホテルの決済、航空機のチケット代などカードがあれば大体それで済むので日本からもっていくドル札も最低限で済みました。

1年前から三井住友VISAゴールドカードになりましたがゴールドですとさらに便利になりました。

旅行保険も付帯サービスでしっかりついているのでわざわざ出国前に手続きする必要ありませんし出発前に専用ラウンジで一仕事&一服していくことができるのが 私としては、とてもありがたいなと思います。

海外の仕事が増えて、クレジットカードがなくてはならないアイテムだと言うことを私は痛感しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする