クレジットカードと現金の使い分け【投稿 m.lさん】

クレジットカードと現金と比較してメリットのあるほうで支払ったり、使ったりするようにしています。高額な買い物がきまっているときは迷わずクレジットカードを使うようにしています。

クレジットカードだと現金を運ばなくてもいいので安全ですし、クレジットカードのポイントも貯まりやすくなります。

私が高額な支払いで利用したことがある例としては海外旅行での航空券のチケットを買うときに利用しました。

格安航空券ですがそれでも海外だと十数万円はするので大きな買い物だと思います。ホテルでの支払いも数万から十数万円はクレジットカードで払いました。

そういった高額な支払いもインターネットでクレジットカードの番号を入力するだけで決済できる便利さもあります。ただ、番号を読み取られて悪用されることもあるようなので注意も必要だという認識で利用しています。

クレジットカードは支払いの管理をしっかりしないと引き落とし時に口座の残金不足になるとたいへんなことになります。そうなると返済に利子がついてしまいますし、信用もガタ落ちになり新たにクレジットカードを作りにくくなるようです。

まだそういった経験はありませんが、何もかもクレジットカードの支払いにしてしまうと管理ができなくてそういう事態になる可能性があるのでこまごましすぎるものは現金のお金で支払うようにしています。

現金を使うということはお金のありがたみなども実感するのでお祝いなどは現金というのも変わらない習慣だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする