クレジットカードのセキュリティーコードとは

不正利用防止が目的

クレジットカード番号と有効期限とサイン(名義)があれば決済が可能が可能でしたが最近ではそうした決済では、カード番号を盗み取った人たちに簡単に悪用されてしまうためセキュリティーコード(番号)の入力を求めるようになりました。

セキュリティーコードは、クレジットカードの磁器やICの中には登録されていないので、器械で読み取られてもセキュリティーコードが盗まれることは少ないとされています。

セキュリティコードはVISA、MASTER、Dinersなどは裏面のサイン枠の右上

credit-card2

右上の3桁の数字

アメックスはカード表麺の4桁

amex2

に記載されています。

最近のインターネット決済ではカード番号などとあわせてセキュリティーコードの入力増えてきました。

 さらに進化するセキュリティー 3Dセキュア

セキュリティーコードもフィッシングサイトなどの悪意のあるサイトによって番号が盗まれることも考えられます。

最近ではさらに進んだ3Dセキュアというセキュリティーも導入されています。

yahoo!ウォレットなどでも採用されています。

従来の番号に加えて、クレジットカードをネットで管理するパスワードを入力する仕組みです。

パスワードを定期的に変更することで高セキュリティを維持しようとするもので、現存するなかでは一番機密性が高いといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする